検索エンジン状況メモ

アダルトアフィリエイトのメインとしているAサイトが、なかなかヤフーにインデックスされずに苦労していた。

AサイトをWP化して、サブドメインで運用を始めたのが11/07で、なんとなく経験から2週間程度で、最低でもインデックスはされると思っていた。

ところが、毎日のようにサイトのURLを検索しても表示されない日々が続いた。

もちろん、基礎的なSEOは行ってあって、Yahoo.comの方も、即日登録はしておいた。

別の記事にも書いたが、ヤフーのブログ検索では、Aサイトの記事がヒットして、アクセスは有るのだが、本家のヤフー検索にインデックスさえされないという状況が続いて、まったく初めての経験だったので、ナンジャコリャ~であった。

推測になるが、今から思えば、インデックス直後に何らかの理由で外されたのではないかと思っている。

その後の状況を実際に確認したのは、12/02に一部の「更新情報」として書き込んでいる記事のタイトル、女優名で1ページだけヒットした。

その時点で、トップページはインデックスされていなかった。(経験則だが非常に違和感がある)

12/04にURLで検索してみると、やっとトップページがインデックスされ、キャッシュもいくつか残っていた。WPプラグインのアクセス解析でクローラーの動きを確認すると、それまでのYSLの訪問数は17だったのだが、12/03だけで48まで上がっていた。

そして、やっと今朝になって複合キーワードで100位以内に入ってきた。幼稚ではあるがかなぁ~り嬉しい。

まぁ、検索エンジンのダンスに、いつまでも付き合うつもりはないが、ひとつの指標として監視は続けて行きたい。

糠喜びかもしれないが、本日の状況をメモしておく。

検索エンジン 複合キーワード A 複合キーワード B 複合キーワード C メジャーキーワード
Google 7位/849,000 16位/1,020,000 17位/636,000 34位/391,000
Yahoo 91位/435,000 圏外/1,120,000 圏外/352,000 圏外/2,770,000

 

メジャーキーワードの検索件数の違いが、両者の差を明確に表しているように思う。Googleのメジャーキーワードの検索件数は、妙に少ないように思われるので、作為的な調整が行われていると思われる。アダルトアフィリエイトなので、以前もこのような事は経験している。

最後に、今回の動きは矢田式AAMPの、ある仕組みの成果と言える。協力してくれているメンバーに心から感謝する。


PAGE TOP