「60日で情報起業」に和佐大輔が仕込んだ秘密

かつて情報起業解体新書というレポートがあった。
私が情報商材に興味を持つきっかけになったレポートである。

しかし、2006年12月に公開されて、わずか一週間で14000以上のダウンロードを記録したこのレポートは手に入れることが出来なかった。
どこかに悔しい思いを抱えたまま、次に出会ったのが、このサイトでも紹介している「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」だった。

この異常に思えるほどのパッションは何処から湧いてくるのか。
最初に目を通したときは、非常に異質なものを見せられた気がした。
やがて理解が進むにつれて、このレポートが実際のコンサルティングサービスの教材を基にしていること、そして振り込め詐欺のような詐欺商材が実在し、その業界の現状に対する大きな憤懣が伝わるようになった。

今でもその憤りは私自身のモチベーション維持のエネルギー源でもあり、「収益を得る」事の厳しさを教えられた教科書としての存在になっている。

そして、「60日で情報企業」という実践レポート(フィクション)が公開された。

元々は、和佐氏のメルマガ(本当に忘れた頃に届く中身の濃いメルマガです)で、突然のように新たな企画の話が出てきて、その後は加速する一方で、あっというまに公開となった。

さらに、驚くことに、あの封印されていた「情報起業解体新書」も無償でダウンロード出来るようになっていたのだ。

あらためてこの三本のレポートを熟読し、とにかく驚きを隠せなかった。

まさしく「和佐大輔」は18歳で覚醒したのだ。

それが私の第一の感想だ。

わずか2年の間の彼の変革は、「60日で情報起業」を仕掛けた行為でよく判る。

何がどうなのだという事は、「感じる」部分が多く、私の頭では説明が難しいので、とにかく読んでもらいたい。
出来れば、「ネットビジネス大百科」も入手してほしいが、「60日で情報起業」と、「情報起業解体新書」をしっかりと読めば、私が伝えたいことは理解していただけると思う。

毎月、数万円の増収を願うアフィリエイターも、

起業して会社組織で収益を得ようと画策している人たちも、

このレポートは必ず役に立つと確信している。

ただし、同じ事を繰り返しても彼と同じだけの収入は絶対に得られない。

なぜなら彼らは自分たちで、ゼロの状態から動いたからだ。

と、書いてしまうと「んじゃぁ意味ないじゃん」という人が必ず居る。

 

 

…  だから不要ですか?

「それならば…」という考えは産まれませんか?

実はそこにこそ、ビジネスとして稼げる人と稼げない人の大きな違いがあると思う。

伝わる人にはきっと伝わるという、彼らなりの仕掛けがそこにあるように思える。

尚、中身は非常に濃いので、HDDのコヤシにするつもりでとりあえずDLしておいてから、落ち着いて目を通してほしい。慌てて読んでも簡単に理解できる内容ではないので。

ただし、彼らはいつまでもズルズルとレポートの提供を続ける人種ではない。忘れる前に必ずダウンロードすることをお薦めする。

うるさいDMメールなどは、まったく届かないので安心してほしい。
というより、もう少しメルマガのネタを増やしてほしいのだが…

 「60日で情報起業」の無料ダウンロードサイト


PAGE TOP