常夏塾の魅力は後払いにある

ネットビジネスには商材の他に色々な塾やサービスが存在する。

私が注目したのは、まず常夏塾、そしてPLAMOで有名なACEWEBが提供しているSCKだ。
SCKについては別記事で紹介するとして、今回は常夏塾の魅力の一つである利用料金の後払いという方法について言及する。

常夏塾の利用料金の支払い体系は前払いと後払いの2種類に分かれている。

前払いの場合、一期(6ヶ月)の利用料金として198,000を支払う。

これに対して後払いは、多少複雑である。

最小支払い金額は5,000円。
塾のノウハウで得た収益が10,000円を超えるとその半額を支払う。
最大支払い金額は50,000円。

つまり、何もしない状況で月謝は5,000円、塾のノウハウで得た収益が100,000円を超えると、その月は月謝が50,000円になるわけだ。

<例>
塾のノウハウで得た収益: 8,000円 → 最小支払額の5,000円を払う。
塾のノウハウで得た収益: 17,000円 → 収益の半額の8,500円を払う。
塾のノウハウで得た収益: 130,000円 → 最大支払額の50,000円を払う。

基本はこの形で、一括払いの場合はいくつかの特典があるので、内容的には一括払いの方が当然良くなる。
経済的に余裕があり、月に7万円以上の収益を上げる信念がある場合は、先払いが確実に有利で、7万円の収益は常夏塾が提供しているノウハウを実践するならば、現実的な数字に入ると思う。

だが、忘れてはならないのは、私がこのブログで何度も言及しているように、経済的に余裕が無い、あるいは自分がアフィリエイターとして能力があるかどうかを判断できない場合は、後払いを選択するべきである。

後払いで入塾しても、その後で前払いへ変更するなどのサポートはしっかりと用意されているので、まず、常夏塾のノウハウを実践して収益を上げることに集中し、余裕が出来てから前払いに変更していく方法がお薦めである。

いずれにしても、この後払い方式はアフィリエイターが成長しなければ塾の収益に結びつかないという側面を持っていて、常夏塾の運営姿勢も見え隠れしている。
常夏塾の後払いという支払方法は、非常に魅力的な支払方法になっていると思う。

 


PAGE TOP